スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北部九州(宗像市近郊)の今を伝えます。

福岡市と北九州市の中間に、宗像市という町があります。近年、ベッドタウン化が進み、駅周辺はかなり都市化が進んでいますが、郊外はまだまだ自然あふれた里山に囲まれた地域です。有名な宗像大社をはじめ、ここ数年は、宗像道の駅が観光スポットになりつつあるような印象を受けます。そんな宗像市近郊を探訪して参りました。ちなみに、20年くらい前のブームの時には、宗像でオオクワガタが採れる(取れた)というような話もちらほら聞こえておりました。
(訪問日:2013年3月3日)

DSC00813.jpg
山田交差点から少し行った所に蛍の里というちょっとした公園があります。その近くの雑木林風景です。
周囲を見渡すと、梅の木に少し花が付き始めているような印象をうけました。手入れの行き届いた梅ノ木畑や栗の木畑の横には、ちょっとしたクヌギも見られます。

DSC00809.jpg
生垣代わり(?)に立ち並んだクヌギです。樹液を出している風ではなく、せいぜいノコギリクワガタ、コクワガタあたりが付く程度でしょう。山田交差点隔てて反対方面に進むと、ふれあいの森運動公園があります。

DSC00817.jpg DSC00819.jpg
DSC00816.jpg DSC00820.jpg 
ふれあいの森運動公園内部風景。運動公園上部は桜の木々があります(シーズン中のお花見にはもってこいでしょう)。その上部の雑木林には、クヌギというよりもコナラ、タブの木が見られます。真夏に樹木を見て回れば、コクワ、ノコギリクワガタ等に出会えるでしょう。
更に、公園の周囲を散策すると、所処でクヌギ林(椎茸用ホダ木栽培用と思われます)等にも遭遇できます。
DSC00824.jpg DSC00823.jpg
太さ、5~10cm程のクヌギ(植林です)がびっしりと立ち並ぶ光景。地主の方が、しっかりと手入れをしているようです。きちんと枝打ちされており、まっすぐに伸びるよう手入れが行き届いている事が伺えます。
DSC00825.jpg
この植林クヌギの中に、ポツポツと見かけられる樹皮がめくれ上がったようなクヌギ。真夏になればこういった樹皮がめくれた中に、コクワガタ、ヒラタクワガタが入り込んでいるのが観察できるでしょう。更には、樹液を出しているはずですので、間違いなく夜になるとカブトムシ等も採れると思われます。ただし、くれぐれも昼間のスズメバチには注意を払って、尚且つ地主様への配慮(できる限り許可を得た上での採集)を忘れないように致しましょう。それから、こういった樹皮のめくれを(穴に入り込んだクワガタを採る為に)はぎ取ったり、破壊したりする事は絶対に止めましょう。樹皮のめくれがあるうちは、また次もクワガタが隠れる為にやってきますので・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヒラタの鉄人

Author:ヒラタの鉄人
北部九州に根を張る自然と戯れる事が大好きなクヌギ系のオジサンです。特にクワガタ・カブトムシ系の昆虫に関しては、幼少の頃から採集飼育に明け暮れくれる事40数年。ここ数年は採集は控えて飼育に力を入れています。自然保護の観点から「昔はたくさんクワガタ・カブト」に出会えた地域・地区の今の姿を伝えていきたいと思います。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。