スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市内の台場クヌギ群の紹介

[2013年のゴールデンウイーク突入記念第二弾]
今回、福岡市内某所にあります、台場クヌギ群について紹介します。
基本的に、台場クヌギというと有名なのは関西の能勢町、川西市方面、山梨県の韮崎方面が有名ですね。そのいづれもオオクワガタの産地として名が通っています。福岡市内にオオクワガタが生息しているかはさておき、早速福岡市内の台場クヌギポイントの状況(2013年4月撮影)をお伝えしましょう。

DSC00939.jpg
福岡市内のとある農村里山地区に見られるクヌギです。早速、丘の上にそびえるクヌギに近寄ってみましょう。

DSC00932.jpg
私が実際に自身の目で確認した「関西の能勢・川西」における台場クヌギには、規模・迫力・大きさはかないませんが、間違いなく典型的な台場クヌギです。

DSC00933.jpg
そもそも台場クヌギとは、何でしょう?
薪や炭を作る材木やシイタケ栽培のホダ木にするために、人為的に植えられたクヌギの木で、切る時にある程度の高さの切り株を残して切られます。
残った切り株は枯れずに、周囲から新芽が伸びて来ます。台場=台木=接木をするときに接ぎ穂をつなぎ合わせる台にする木の事を指し、クヌギのみ台場を付けるそうです。

DSC00938.jpg
近くに炭焼き小屋がある訳ではなさそうですが、まさか福岡市内にこんな場所があろうとは、想像もつかなかった場所です。このあたりは、畑があり、その周囲を囲むように台場クヌギがあります。まさしく地主さんが手を入れている事がわかります。
DSC00931.jpg
道路に沿ってクヌギが(あぜ木のように)ありますが、全て台場と化されています。写真上、左側のクヌギは、山梨県の韮崎に見られる台場クヌギと似た形をしています。
下の写真は、一番形が良さそうな台場クヌギのアップです。シーズン中は樹液をビシバシ出している事が伺えます。ここら一帯がオオクワガタの産地であるとするならば、このクヌギにはオオクワガタが付く可能性が高いものと思われます。

DSC00937.jpg
以下、この辺りのポイント・クヌギ樹木を撮影した風景をフォトギャラリーチックに掲載します。
(個別にクリックすると写真を大きくできます)

DSC00930.jpg DSC00926.jpg DSC00940.jpg DSC00929.jpg DSC00966.jpg
DSC00974.jpg DSC00971.jpg DSC00962.jpg DSC00935.jpg DSC00957.jpg

ごらんのように、クヌギ自体は能勢地方の台場クヌギ程大きくはありませんが、私が知る限り、これほどの台場状になったクヌギが結構固まってある場所は、北部九州地区においては(私自身も)見かけた事はない程の規模です。
こちらの台場クヌギ群は地主さんが手をいれておられる事がよくわかりますので、あえてこの場所の公表は差し控えさせて頂く次第です。
DSC00959.jpg
最後に、4月30日に撮影した写真です。(上記の他の写真より、新緑がはっきりと際立っている事が伺えます)
この台場クヌギポイントは、末永く地主様の手入れを継続して頂き、そのままの姿を維持していっていただきたいと切に願うばかりです。

ー以上ー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。クヌギの木を見るのが好きな僕にはたまらないです…。最近巨木のクヌギスポットを見つけましたが台場じゃなかったです。
プロフィール

ヒラタの鉄人

Author:ヒラタの鉄人
北部九州に根を張る自然と戯れる事が大好きなクヌギ系のオジサンです。特にクワガタ・カブトムシ系の昆虫に関しては、幼少の頃から採集飼育に明け暮れくれる事40数年。ここ数年は採集は控えて飼育に力を入れています。自然保護の観点から「昔はたくさんクワガタ・カブト」に出会えた地域・地区の今の姿を伝えていきたいと思います。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。