スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡市内の台場クヌギ群の紹介

[2013年のゴールデンウイーク突入記念第二弾]
今回、福岡市内某所にあります、台場クヌギ群について紹介します。
基本的に、台場クヌギというと有名なのは関西の能勢町、川西市方面、山梨県の韮崎方面が有名ですね。そのいづれもオオクワガタの産地として名が通っています。福岡市内にオオクワガタが生息しているかはさておき、早速福岡市内の台場クヌギポイントの状況(2013年4月撮影)をお伝えしましょう。

DSC00939.jpg
福岡市内のとある農村里山地区に見られるクヌギです。早速、丘の上にそびえるクヌギに近寄ってみましょう。

DSC00932.jpg
私が実際に自身の目で確認した「関西の能勢・川西」における台場クヌギには、規模・迫力・大きさはかないませんが、間違いなく典型的な台場クヌギです。

DSC00933.jpg
そもそも台場クヌギとは、何でしょう?
薪や炭を作る材木やシイタケ栽培のホダ木にするために、人為的に植えられたクヌギの木で、切る時にある程度の高さの切り株を残して切られます。
残った切り株は枯れずに、周囲から新芽が伸びて来ます。台場=台木=接木をするときに接ぎ穂をつなぎ合わせる台にする木の事を指し、クヌギのみ台場を付けるそうです。

DSC00938.jpg
近くに炭焼き小屋がある訳ではなさそうですが、まさか福岡市内にこんな場所があろうとは、想像もつかなかった場所です。このあたりは、畑があり、その周囲を囲むように台場クヌギがあります。まさしく地主さんが手を入れている事がわかります。
DSC00931.jpg
道路に沿ってクヌギが(あぜ木のように)ありますが、全て台場と化されています。写真上、左側のクヌギは、山梨県の韮崎に見られる台場クヌギと似た形をしています。
下の写真は、一番形が良さそうな台場クヌギのアップです。シーズン中は樹液をビシバシ出している事が伺えます。ここら一帯がオオクワガタの産地であるとするならば、このクヌギにはオオクワガタが付く可能性が高いものと思われます。

DSC00937.jpg
以下、この辺りのポイント・クヌギ樹木を撮影した風景をフォトギャラリーチックに掲載します。
(個別にクリックすると写真を大きくできます)

DSC00930.jpg DSC00926.jpg DSC00940.jpg DSC00929.jpg DSC00966.jpg
DSC00974.jpg DSC00971.jpg DSC00962.jpg DSC00935.jpg DSC00957.jpg

ごらんのように、クヌギ自体は能勢地方の台場クヌギ程大きくはありませんが、私が知る限り、これほどの台場状になったクヌギが結構固まってある場所は、北部九州地区においては(私自身も)見かけた事はない程の規模です。
こちらの台場クヌギ群は地主さんが手をいれておられる事がよくわかりますので、あえてこの場所の公表は差し控えさせて頂く次第です。
DSC00959.jpg
最後に、4月30日に撮影した写真です。(上記の他の写真より、新緑がはっきりと際立っている事が伺えます)
この台場クヌギポイントは、末永く地主様の手入れを継続して頂き、そのままの姿を維持していっていただきたいと切に願うばかりです。

ー以上ー
スポンサーサイト

熊本県の七城町~泗水町にかけての素晴らしいポイント風景

[2013年のゴールデンウイーク突入記念第一弾]
熊本県は菊池郡の里山(農村・畜産農家地帯)に見られる素晴らしいクワガタポイントの紹介を致します。4月中旬のとある日、仕事で近くに立ち寄った関係で、素晴らしい環境に思わず仕事を一時休止させて、しっかり取材をしてきました。
PAP_0181.jpg
県道の横に聳え立つ一本の台場クヌギを見つけました。見た所、シーズン中は樹液を出しているようで、幹には樹液焼けの跡があちこちにあります。こういった台場クヌギは、クワガタ・カブトの大事な発生源になると共に、幹にはカブトムシ等がつきますので、今後も大事に保存しておいてもらいたいと切に願うばかりです。
と、写真の左奥に良さそうなクヌギ林が見えています。
PAP_0179.jpg
広大な平地の中に20~30本、高くそびえるクヌギ・・・・こういう条件下でのクヌギやコナラは結構樹液を出しますし、付くクワガタも結構大物が居る場合があります。今回は畑ごし・・でしかも近隣は養鶏または牛を飼っておられる場所で、流石に近寄ることはできませんでした。
その風景を横目に更に進むと、数本のクヌギが目に入ってきます。

PAP_0178.jpg
このクヌギも立派ですね。しかも道路沿いのコーナーの部分にデンと聳え立っています。所処に樹液痕と噴出孔があります。コクワ、ヒラタは当たり前!それ以上の大物にも出会える可能性がありそうな雰囲気です。更に奥に進むと、先の方にクヌギ林が見えてきまし。おおっ、早速近寄ってみましょう。
PAP_0176.jpg
近くに牛舎があるのでしょう。強烈な匂いと周囲にはハエが飛び回っています。こ、ここは間違いなく穴場と呼べるポイントと確信できます。一目、クヌギの幹はそれぞれが太く穴ぼこもかなり開いており、中には立ち枯れも見えます。
早速(スーツのままですが)草むらの中に入ってみます。
PAP_0175.jpg
手前は立ち枯れクヌギ、奥は樹液痕バリバリのクヌギです。見渡すと周囲のクヌギがほとんどそんな感じです。穴ぼこ、樹皮めくれ、立ち枯れ・・・・条件は整っている雰囲気です。
PAP_0174.jpg
なかなかの条件良い環境に、自身がスーツ姿である事も忘れて下草を掻き分け、それぞれのクヌギを見て回った。ほぼ9割のクヌギに、樹液痕、樹洞、樹皮めくれ等がみられ、カブト虫、クワガタ虫にとっては良い餌場になっている事はほぼ間違いなさそうです。(下の写真はそれぞれをクリックすると大きくなります)
PAP_0172.jpg PAP_0173.jpg PAP_0168.jpg
熊本県の農村地帯にはこういった畜産場の近くに条件の良いポイントを見る事ができます。シーズン中のスズメ蜂にはもちろん、下草内には危険な蛇等も居る場合があるのでむやみに林に入るのはちょっと危険かもしれません。それと、周囲は相当な(畜産場からの)匂いが充満しているので、そのあたりは覚悟しておく必要があるでしょう。いづれにせよ、この広大な平野地区に見られる条件良いクヌギポイントは長く維持していってもらいたいものです。
ー以上ー
プロフィール

ヒラタの鉄人

Author:ヒラタの鉄人
北部九州に根を張る自然と戯れる事が大好きなクヌギ系のオジサンです。特にクワガタ・カブトムシ系の昆虫に関しては、幼少の頃から採集飼育に明け暮れくれる事40数年。ここ数年は採集は控えて飼育に力を入れています。自然保護の観点から「昔はたくさんクワガタ・カブト」に出会えた地域・地区の今の姿を伝えていきたいと思います。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。