スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀県里山探訪(蛍見物)編

<佐賀県相知町、見返りの滝&小城市、蛍見物編>
2013年6月9日に、散策を兼ねてちょっとしたプチツアーがてらアジサイ祭り(滝見物)&ホタル観察に出かけてきました。

DSC01003.jpg

ここは、佐賀県相知町です。丁度あじさい祭りが開催されていましたのでちょと覗きがてら見物参加としゃれてみました。
駐車場あら徒歩で主催者の本部まで徒歩10分程。そこから見返りの滝にはシャトルバスで数分で行く事ができます。

DSC01004.jpg

こちらが(地元では有名?・・・滝100選にも選ばれている)見返りの滝です。落差が100mあるそうです。周囲に目を配り、どうしても樹木に目が行ってしまいます。シャトルバスで上ってくる途中、クヌギがあったのを思い出し、下りは徒歩で降りる事にします。

DSC01008.jpg

下山途中にありますちょっとしたクヌギ林です。日当たりの悪い地であり、植林されたような印象。幹はまっすぐで典型的な椎茸ホダ木用のクヌギと思われます。

DSC01014.jpg

下草もうっそうとしており、危険な蛇等もいそうな感じです。奥には入らずに手前から観察。まあ、クワガタとしては、ノコギリ、コクワ・・場合によりミヤマが付く程度でしょう。
下山して再び車で小城へ移動。丁度暗くなった事もあってホタルで有名になた祇園川沿いのホタルポイントへ移動。夜、8時過ぎにホタルの光の乱舞を満喫しました。

DSC01029.jpg

大勢のギャラリーには申し訳なかったですがフラッシュを使っての撮影を実施。雨が降り始めたので20分程の観察を終えて、この日の探訪は終了となりました。
※ホタルポイントの近くに、飲料工場(サイダー、子供ビール等の製造工場)があります。工場見学に出向くと、サイダー等が試飲できます。私も色々味わって来ました。祇園川方面に行かれる方は、飲料工場にも立ち寄ってみると良いでしょう。

ー以上ー
スポンサーサイト

北部九州(福津市~北九州・門司)の里山風景

北部九州は、福津市~北九州・小倉・門司方面の里山風景を紹介します。<2013年2月~3月に取材>
まずは、福津市郊外にあります有名な宮地嶽神社に向かってみます。

DSC00769.jpg
宮地嶽神社の境内から山頂方面を写しています。
実は、この山(神社右手から少し山すそに回りこんだ所)の麓にはちょっとした場所があります。基本的には散策用に手入れがなされていますし、桜の木、梅の木も多くシーズン中には観光客でにぎわいを見せる事でしょう。

DSC00762.jpg DSC00763.jpg DSC00765.jpg

見た所、クヌギの幹に特に穴が開いてたり、樹皮がめくれているようには思えませんでした。しかるに、シーズン中は、樹木をゆすってのノコギリクワガタ、コクワガタあたりの採集がメインになるでしょう。

次に、北九州は門司IC近く(先日、お墓参りで出向いた際、見かけた里山)の樹木を撮影してきました。

DSC00848.jpg
いきなり樹液を出してるタブの樹木が目に留まりました

DSC00853.jpg DSC00852.jpg

左の写真は、コナラとカシ。右の写真に写っているのは(ちょっと暗いですが)カシワの樹木です。
いづれもクワガタやカブトムシが付く樹木です。

次に、北九州市が眺望できる、皿倉山に上って来ました。さて頂上はどうなっているのでしょうか・・・

DSC00861.jpg
皿倉山山頂へはケーブルカーが便利です。15分間隔で運転されており、麓から山頂までは約15分で行く事ができます。

DSC00863.jpg DSC00872.jpg

写真左は、ケーブルカー駅前に聳え立つタブのきの巨木。写真右側が皿倉山山頂。頂上は通信基地局があるくらいで特に何がある訳でもない所でした。ただ、景色が抜群ですので一度くらいは(眺望を目的に)遊びに行ってみるのも良いでしょう。
ー以上ー

”タブノキ”を紹介します(クワガタが良く付きます)

<タブノキ>
樹木の図鑑や、ネットで調べると、概ね以下のような感じで紹介されている。
タブノキ. 学名, Machilus thunbergii. 別名, タマグス、イヌグス、ダマ、ダモ、クスダモ、 マダミ 紅楠(中). 椨の木・・・というように紹介されている。
まあ、要するに関西以西に多く見られる常緑樹ってとこでしょうか・・・
私が、生まれて初めて近所の友人に連れられてクワガタ(コクワでした)を採集した木が、この”タブノキ”でした。クヌギやナラの木みたいに、幹に穴があいて樹液を出していて、手づかみでクワガタが採れる・・・というような樹木ではなく、どちらかというと樹の枝先の方に樹液を出している事が多く、要は樹木をゆすってクワガタを落として採集する、いわゆる「キック採集」に一番適した?樹木であるといえる。

クワガタ・カブトムシが採れる木・・・
殆どの方は、クヌギ、コナラ、ミズナラ等を思い浮かべることでしょう。しかし当方は、子供の頃から、タブノキ、
カシ、ヤナギ(主に河川敷に群生している)、での採集を繰り返しておりました。
今回、このタブノキについて、福岡市東区は志賀島のタブノキで紹介します。(撮影日:2013年3月17日)

DSC00827.jpg
一見なんの変哲もなさそうな常緑樹・・・これがタブノキです。このタブノキは樹齢が相当経っているようで、通常はまっすぐに突っ立っている事が多い気がします。

DSC00829.jpg
別のタブノキです。一般的にはこんな感じで生息していますね。
DSC00828.jpg
樹上の方を撮影してみます。すると、樹液が染み出ているのが見て取れます。夏場は、ここにクワガタが樹液を吸いにやってきます。

DSC00836.jpg
別のタブノキです。やや左側の枝の分岐点に樹液を出している部分があることが伺えます。シーズン中はこういった所にノコギリクワガタ、コクワガタがよく付きます。ちなみに、材質は堅く、穴が開く事は殆ど無いようです。従って、ヒラタクワガタやオオクワガタのような穴に潜む習性を持つクワガタはほとんど付きません。それと、標高が高い所でのタブノキには、ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ等も良く付きます。

DSC00833.jpg

上の樹木の左側の樹液が出ている部位のアップです。ごらんの通り、樹皮がクヌギ系と違って割りとスベスベしているのでちょっと振動を与えるだけで、クワガタがたくさん落っこちてくる事もあります。

DSC00830.jpg
こちらのタブノキの枝先はなかなかです。夏場になるとかなりクワガタが付いている事でしょう。
タブノキは、クヌギ系と違って一般的な雑木林に数多くあります。下草が茂っていたりする場合、タブノキの下にビニルシートを広げたり、傘をさして逆さまに置いた状態で、樹木をゆすると、落ちてきたクワガタを見失わずに拾う事ができます。

クヌギ風景1

ここは志賀島の中にある、クヌギとタブノキのコラボレーションポイント。写真一番左側が、穴ぼこだらけのクヌギ。その隣はタブノキ。写真の一番右端も、超穴ぼこだらけのクヌギ。
こんな風景が目に入ったら、クワガタ(カブト)がもう取れたも同然であるといえる。今後もこんな環境を探して行きたいと思う。
プロフィール

ヒラタの鉄人

Author:ヒラタの鉄人
北部九州に根を張る自然と戯れる事が大好きなクヌギ系のオジサンです。特にクワガタ・カブトムシ系の昆虫に関しては、幼少の頃から採集飼育に明け暮れくれる事40数年。ここ数年は採集は控えて飼育に力を入れています。自然保護の観点から「昔はたくさんクワガタ・カブト」に出会えた地域・地区の今の姿を伝えていきたいと思います。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。